StudioSEM inc.

Uターンで未経験のプログラマー修行へ(一條敏秀さん)

単身東京で働いていたものの、家族の存在の大きさを痛感。Uターンでプログラマーへの転身を決意!

もともと札幌のゲーム会社で、運営スタッフとして働いていた一條さん。

札幌事務所の閉鎖に伴い、家族を残して単身で東京本社へ転籍。

慣れない環境とストレスが原因で生活習慣が乱れる中、
札幌に残した家族の存在の大きさを痛感したといいます。

家族のために東京からUターンで札幌に戻ろうと決意したときに、
なぜ当社の修行に参加してプログラマーを目指すようになったのか。

その理由と経緯について、語っていただきました。

一問一答

修行前はどのような職種に就いていたか

オンラインサービスの運営をしていました。

修行制度に興味を持ったきっかけとイメージ

サーバーエンジニアという仕事には元々興味があったので、
SEMのブログを知り、時々のぞいていました。

ある時「キラキラ系女子が修行に来た」という記事を読みまして、
面白そうなことを始めたなと興味を持ちました。

その後も修行の記事は追いかけるようにしていたのですが、
皆さん短期間でどんどんスキルを身につけているなと、感心しました。

メンターはどんな人?

仕事に対しては技術の塊のような人たちですが、
一日中黙って仕事をするような雰囲気ではなく、みんなおしゃべり好きです。

とんちんかんな質問をしてもしっかりと向き合って答えに導いてくれますし、
ちょっとしたくだらない話にも付き合ってくれます。

札幌に戻ってきた私を、温かく、時に厳しく迎え入れてくれた、
人間味あふれるステキな人たちだと思います。

修行を振り返って

エンジニアが作ったドキュメントを見ることや、
ツールを使用する事は前職でも多くあり、その頃から「自分もやってみたいな」と思っているところがありました。

修行中はテストケースや既存プロジェクトのスポット的なお仕事に留まりますが、
そんな中でも「あの時に見ていたものは、こうやって作っているのか」という手ごたえを感じます。

新しい知見が増えるのは、いくつになってもワクワクするものだなと思います。

今後のプログラマーとしての展望

オンラインサービスは、
サービスの企画・開発から品質のチェック、サービスの運用・保守をする人など、たくさんの人たちがかかわります。

前職の経験も活かして、オールラウンダーな立ち回りを出来るようになりたいなと思っています。

修行を検討中の方へのメッセージ

私は修行中の身で入社しました。

採用が決まって嬉しい反面、未経験であることの不安も大いにありましたが、
修行を経て少しずつ自信に繋がっています。

SEMメンバーは、スキルの習得はもちろんのこと、人間としての成長も見守ってくれます。

新しい環境に飛び込むのはとてもエネルギーを使いますが、
そういった面もしっかりフォローしてくれます。

SEMの修行は、プログラマーになるための第一歩であるとともに、
人生をスイッチするきっかけにもなりました。

まずは話をしに、話を聞きに、SEMに来てみると、きっと良いことがあると思います。

まとめ

当社の修行制度が始まる前から、ブログを細かくチェックしていた一條さん。

前職でサーバーエンジニアとやり取りすることが多かったこともあり、
エンジニアという職種に興味をもっていたそうです。

札幌にUターンしてからは、明るいキャラクターを活かしながら修行に励む毎日を送っています。