StudioSEM inc.

就活開始の矢先に出会った「修行制度」(齋藤公一さん)

「プログラマーの修行に興味ある?」

齋藤さんは他社の求人に応募をしようとしていたところ、
当社の知り合いのスタッフから連絡があったそうです。

「プログラマーの修行制度というものがあるんだけど、興味ある?」

そのまま流されるように、修行を開始した齋藤さん。

就活を始めようとしていたのに、
「どうして修行に参加することにしたのか?」「やってみてどうだったか?」

自身の体験を振り返っていただきました。

一問一答

修行前はどのような職種に就いていたか

もともとゲーム業界で働いていてました。

ただプログラマーではなく、プログラマーに何かを依頼する側の仕事をしていました。

修行制度に興味を持ったきっかけとイメージ

これまで、サイトや書籍でプログラムについて見聞きしていたので、
「このプログラムではコレが出来て、あのプログラムではアレが出来る」のような、
ふわっとした知識はありました。

しかし、果たしてそれが何の役に立つのか、
それができることで、いったい何の役に立つのか、そういったイメージは全くつかめずにいました。

そんな中、修行の内容がより現場に近いということで、興味を持った次第です。

メンターはどんな人?

修行で行っていることは様々で、
プログラミングだけでもPHPとかJAVAとか、ほかにもフレームワークなども学ぶことができます。

教えてくれる人たちは、基本的なサーバーエンジニアとしてのスキルとは別に、
各分野の専門家がたくさんいる感じです。

なので、疑問があればだれかが解決してくれます。

修行を振り返って

はじめはほとんど何もわからないところから始まり、ただただ課題をこなしていました。

徐々に理解が深まるにつれ、これはどうなんだろう?
のような疑問が生まれてくるようになりました。

知識の蓄積とともに別の疑問が生じる。おそらく今後もその繰り返しだと思います。

来た時よりはプログラマーに近づいて行ったと思っていますが、いまだ修行中の身なので、
これから先もずっと修行が続くものだと思ってます。

今後のプログラマーとしての展望

働き方や職業が多様化していく中で、
自分の得意なことを判断するというのは、簡単なことではないと思っています。

実際に仕事の現場を見て、向き不向きの判断もできると思うので、
「とりあえずやってみる」という選択肢もありなんじゃないかと思います。

まとめ

異職種からプログラマー修行に参加することを決めた齋藤さんは、
現在ではプロジェクトに直接携わっています。

未経験の職種ゆえに苦労することも多いといいますが、
先輩や修行仲間から刺激を受けながら、プログラマーとして日々成長している姿が見られます。

修行開始前は迷いもあったそうですが、
いまでは声をかけてくれたスタッフに感謝しているそうです。